入院4日目&家族のこと

12月5日

昨日、家に帰って廊下歩いてたら
ん?何か貼ってある…?
b0234659_1092595.jpg




b0234659_10103331.jpg

ダンナさんの思いが詰まっていました。



部屋の整頓と一緒に、心も落ち着かせたのかもしれない。



昨夜は久々におうち時間です。
義両親と、当面の過ごし方をどうするか話し合ったり、娘とご飯食べておふろに入って寝るくらい。娘も不安定だから、ゆっくり学校の話を聞いてあげたいなと思っていました。
テストのことや、描いたマンガの話などをして、録画しておいたテレビを見ながら食事をしました。
朝も、元気に学校へ行きました。今日は、おばあちゃんがタクシーで学校まで迎えに来てくれ、その足で病院へいくことにしています。



息子は朝から、便秘解消のための座薬。嫌がったけど「やらないなら、看護師さんからお尻見られちゃうよ!」と言うと、すんなり入れさせてくれました(笑)かわいい看護師さんが大好きみたい。。誰に似たのか。


点滴のために午後からも、座薬を入れて熟睡させることになりました。昨晩は、採血の時に暴れて大変だったそうで、点滴・採血担当の先生の顔を見るたびに怯えたから。今度は寝ている隙に針を入れようという考えだそうです。
今日2回目の座薬は、たいして嫌がりもせず、感心。

だけど、その後はまた悪夢のような泣き叫びをすることになろうとは、、。案の定、針を射すときに起きてしまうのでした。



午後8時過ぎ
執刀医、主治医より手術の説明を夫婦で受けました。
息子の脳腫瘍の画像を見ながら、どのような手術になるのか、今のところの見解、…。
術後のことは、聞けば聞くほど不安になる。腫瘍を取り除いたとして、元通りの息子に戻るのだろうか。




寝顔を見ながら、祈らずにはいられません。



病院玄関のライトアップ
b0234659_21343023.jpg



b0234659_21351354.jpg

[PR]